もろもろ

のど風邪と口内炎と闘っているうちに、1週間過ぎてしまいそうです。 笑

かつんちゃんはベスアには出るとか。

…。
なに、歌うの…?


って、なるよねー。


なんかさぁ、中堅どころになるとコンスタントに曲を出して、テレビで歌って…が減っていくものなのかなと思ったりもしつつ。
かつんちゃんの場合は、まだそれが早いと感じてしまう。
それは…順調にきてない道のりだからなのか?

まだ落ち着くには、不完全燃焼なのかもしれない。
こっちの気持ちが。
かつんちゃんは悪くないよ。


そんななか、すとんずの曲をyoshiki様が!
おぅ。すごいところにいったなー。
そうきましたかー。


なんか、かつんちゃんのシングル何年出てないとかの話もちらっと見かけたけど。
yoshiki様の本業の方は、22?23?年アルバム出てないぞ! 笑
まぁ、バンドメンバーを亡くしたり、というのもあって、だけど。
まさか平成まで終わるなんてさ…。 笑


さて。
本日の曲は、ONE OK ROCK
Nobody's Homeを。

Takaさんのボーカル、切なさを叫びつつ力強く、やっぱりいいなぁと思います。

『求めていた親の夢 欲しかった僕の夢
交わる事はなかった現実』

という歌詞があるんですけどね。
どれだけ聴いてもささって、ぎゅっとなって。
Takaさんがね、これを歌うこと自体も、他に投影しても。


交わることがない現実

Takaさんのキャリアの始まり。
グループを離れたこと。
たぶん、それがあっての今の成功。


かつんちゃんもだいぶそんなことがあって。
↑成功と書いたけど、本当の成功とは何ぞや?
かつんちゃんにとっての成功とは?

6人全員の夢も現実も交わらず。
でも、3人なら、かつんとしての夢や現実は交わるのかな?

それは、求める人の夢と交わるのかな?



自分を歌うバンドも好きだし。

曲の世界観を最大限にパフォーマンスするアイドル(今のところ、かつんのみ)も好きだし。

そして、すとんずはどんな世界観を魅せてくれるで
しょう?


そんなことを楽しみにしながら。

かつんちゃんからのお知らせが、すごい勢いできてもいいように、どっしり構えておくね。 笑

世界観がすきで

さて。
本日は世界観が好きな曲について~。


まずは、hide様の
ピンクスパイダー

これはですね、なんて言えばいいか、たぶん自分の考えの根っこにあるのって、聴いてきた音楽で、そこにある言葉で。
hide様の言葉は、子供心にささり、今でもささる。
普遍的で、色あせない。
そんな言葉が並んでいて、そこにはhide様の考えがあって、でもそれがかっこいいロックで、かっこいい音楽で耳に届くっていうのがね、秀逸なんです。

『君は嘘の糸張りめぐらし
小さな世界全てだと思ってた』
という歌詞でスタートし、借り物の翼で飛んでみたけどうまくいかず、その後、再チャレンジするのか?うまくいったのか?いかなかったのか?、捉え方は人それぞれかな?そんなかんじなんですけどね。
まぁ、わたしもいろいろ出来るわけでもないし、視野が狭いんだろうなとは思うけど。
自分の立ってる場所っていうのは、ちゃんと理解して生きたいなとは思っていて、うん、それがわからなくなるような大人には、なりたくないなと。


あとはね、なんて言えばいいのか、続きがないしんどさみたいな、早くに人生の幕が降りるさみしさというか、そういうのが年齢を重ねてちょっとわかってきた気がします…。

だからね、やりたいことがあれば諦めない、幸せに向かって進む、泣くより笑おう!そういうことって大事なんだよ!っていう、先人たちの言葉もちょっとわかってきた気がします。


そして。
60になっても、70になっても、ロックしてるhide様を観たかったなぁ…。



続いては、KAT-TUN曲で
FEATHERS

これも言葉の並び方、音の響き、すごくかっこいいです。
まぁ、KAT-TUNはアイドルなので、あんまり作詞もしないというか、グループで歌う曲こそつくってもらって、それをいかにKAT-TUNらしく表現するかに注力している気がするんですけど。
でも、KAT-TUNって考えがあるアイドルだと思うので。
歌いたい世界観を、魅せたい世界観を選んで、選んで、選んで、、、だと思ってるんですよ、勝手に。 笑
だからね、並んでいる言葉は、発したい言葉に等しい部分もきっとある、たぶん。 笑
うん、うん。

好きな歌詞はね、いや、好きなのばっかりなんだけどね。 笑


『「自由」ってWHAT DOES IT MEAN?』
というのがありまして。
自由って…難しいよね。
自由こそ、難しい…。うん。
さらっと響くけど、ぐさっとくる…。


あとは、
『鳥かごの空 引き裂いたら』
というのがあるんですけどね。
アイドルがこれか、これを言うのか…と思ったり。

まぁ、みんな何かしら枠があるというか、決まったところで頑張るっていうのはあるだろうけど。
やっぱり、より自分たちのポジションを考えて、動いて、言葉を発して、というところにいるKAT-TUNがね、行きたいところに行くべきなんだよって言ってくれるというのは、すごくかっこいいことで。


張りつめた世界観に、少し冷たい言葉が並んでいるところが多いと思うんだけど、先を見ている印象もあって。
こういう世界観を背負わせたら宇宙1なKAT-TUN、全ての言葉が、音が、似合いすぎ…。




だけどさ、これって4人時代の曲だよね…?と思う方もいるんでしょうね。
そうですねー。
同じものを見ていても、同じ気持ちでいるとは限らないってことだと思うのね。
だから道が別れたんだろうし。

これをつくったのが、いつかは知らないけど、きっと違う方向をすでに見ていたんだろうなと。



そして、自分が発する言葉で、自分の今までとこれからをにごしていく。



まぁ、わたしも言葉づかい気をつけないとね。 笑
KAT-TUNの品位をおとさぬよう、好きな音楽の品位をおとさぬよう、書いていきたい所存です。 笑

ちくちく言葉は、だめなんだぞー。



最後は、米津さんの
馬と鹿

これは…これこそ…音楽家だなぁと。
現在も売れ続けてるのな?
現在進行形なので歌詞を書くのは控えますが。

素人には絶対に太刀打ちできない、ここにしかない言葉が並んでいて、それが音とボーカルと相まって、いやもう、音楽の才能ってやっぱり天性のもので、それがあるのってこういう人のことなんだろうなぁと。

しかもいろんな人の心に響く、売れるっていうところも両立させているっていうのが素晴らしい。
独りよがりで響かせている音ではない、けれど独自な世界観で、でもいろんな人に受け入れられる。

どこまで進化していくのか…。

こんな風に、素人には思いつかないものを聴かせてもらえること、ほんとに幸せなことで、とてもうれしいです。


初期の曲を聴いたことがないので、そこらへんもかなり興味出てきましたね~。
いやー。時間が足りない。 笑




ということで、今回は世界観が好きな曲でしたが、けっこうな偏りがあるような。 笑
いろいろバレそうだ。 笑

風邪ひきました

タイトルどおりです。 笑
ウィルスゲットするの、早すぎでしょ…と自分に力なくつっこむ。 笑
もともと、のどが激弱なんで、早めに加湿器つけたり、自分なりにいろいろやってるつもりなんですけどね…。
ぶんちかぶんちか。
仏仏蚊。
加湿器!

さて、本日の曲は、赤西仁のSEASONSを。
とてもキレイな曲で、じんくんのボーカルが切なげに優しく響いて、すごくすてきです。

ほんと、圧倒的に声がいい。
こんなに耳に心地よい声って、もう、なんだろ?ありがとう。
もう感謝するしかない。 笑

そうですねー。
感謝だよね。
KAT-TUNがきっかけで知ったというか、KAT-TUNの時から(Jr.の時から)知っていて、ソロになって、さらに音楽を追求していってくれて、その曲がすてきで。


KAT-TUNの3人も、ハッピーオーラな曲も似合うけど、切ないボーカルがまたかっこいいじゃない。
切ない世界観が似合うってところが、一般的なイメージのアイドルとは一線を画しているようで、そういうところも好きなんだよね~。


じんくんのボーカルも、切なさをにじませるとさらにすてきで。
でも優しくて、きれいで。
もちろんハッピーな曲もいいし。
うん。全部好き。 笑


SEASONSの繊細な世界観、癒されます。

たまには想像してみよー

さて。
なんかKAT-TUNが歌番組に出るとか出ないとか、シングル出してほしいとか、ツイに散見さてれていて、KAT-TUN愛されているなーと思う本日。

今日の曲は、KAT-TUNのDon't waitを。
これはバラード扱いでいいのかな?
心地よいテンポに切ない世界観、KAT-TUNのボーカルの繊細さが相まって、ほんとーに好き。
とにかく好きじゃ。うん。
KAT-TUNの繊細さって、わたしの勝手なイメージは青とか銀ってかんじで、それがすごく心地いいんだよね。
あとは3人のボーカルが3人とも好きだなー、やっぱり。



で、アルバムが出たりで満足しているわたくしですが、確かに、パフォーマンスしてるKAT-TUNは供給してほしいー! 笑

砂漠にそろそろ雨と照明とレーザーください。 笑


それでねー。
シングル出してくれるなら…を想像してみたー。
ここはやっぱり。
バラードでしょ!
ここまでダークだのロックだの強いだのエロいだのをやってきたなら、そろそろ繰り出すのはバラードでしょ。

とにかく愛しいが溢れてて泣けるか、どうしようもなく切なすぎて泣けるか。
どっちでもいいなー。
とにかく泣かせてくれるなら。 笑

そう。
KAT-TUNなら、今のKAT-TUNなら、びっちょびちょに泣ける歌でもいける!
ていうか、ただ観たい。聴きたい。 笑
KAT-TUNの泣き歌。
そんでもってテレビでいっぱい泣かしてほしい。 笑
どうでしょ?KAT-TUNの皆様。

上田くんが兄貴への愛ゆえにバウバウ吠えてるあとにKAT-TUNでバラードで泣かせたら…。

中丸くんが好青年でまじっすかしたあとにKAT-TUNでバラードで泣かせたら…。

亀梨くんが女子をきゅんとさせたあとに、さらにKAT-TUNでバラードで泣かせたら…。

いやー。
破壊力すごいわ。
地球大丈夫かな?って思うわ。 笑
ていうか、その前に 自分がもたないな。 笑


でもね。
何よりもKAT-TUNの3人が、3人で響かせたい音楽がいいな。
それがバラードだったら、もう最高だけどー。 笑


言葉にしておけば、叶うかな? ( ^^ )

じいまご ふぉーえばー

さて。
昨日はKAT-TUNの爺孫こと、亀梨くんと中丸くんが入所日21年目!ということで、ツイにあふれる爺孫のかわゆさに癒されていたら、あっという間に1日過ぎてしまいました。 笑

ほっこり、ハートウォーミング。
幸せいっぱいで、のんびりしてしまった。 笑

かわいいですねー。
特に爺に甘える亀ちゃんが。 笑

公式?では、爺孫表記なんでしょうけど、わたし的には、じいまごって書きたい。
だって亀ちゃんがとんでもなくかわいいから、『まご』ってかんじだし、中丸くんは老けないから『じい』ってかんじだし。 笑
なんなら、マゴとジイでもいい。 笑

そして、その日をスタートとするなら…。
そう。そこにはジン アカニシもいた!
なんていう日なんでしょうね。ほんと、この日は。
まっすーとか、がやさんとか、そうそうたるメンバーがスタートをきった日じゃないですか。
原石いすぎて、カオスだったんじゃないか? 笑
(↑永遠に言い続けると思う。 笑)

ということで、ジン アカニシ氏もおめでとー。


そんな、じいまごなお二人、ほんとオトナになりましたねー。 笑
全力でチャラさ前面に!していた中丸氏と細すぎて、折れる!って見るたびに心配していた亀梨氏。 笑
今ではすっかりいい男で。
なのに2人でわちゃわちゃしだすと収拾がつかないのは健在で。 笑
いつまでも、暴走トークするマゴ亀ちゃんを、全力で受けとめるジイ中丸くんでいてくださいな。 笑


そして。
今日の曲はやはり、亀梨くんソロ曲のCAN'T CRYと中丸くんのソロ曲アブストラクトを。

中丸くんのソロ曲は安定感が抜群で、ご本人がやりたいことと聴く人が、バランスのいいところで保たれているかんじ。
でも、並べている言葉にいろんな情景が浮かぶ。
感じ方は人それぞれで。
聴きやすいメロディ、耳なじみのいい音に包まれている本心ってところは、つくった人にしかわからないんじゃないか?ってところが、中丸くん本人とリンクしているようで。

なんかねー。
言うべきことは言うよって、そんなことも感じたり…。


次は、亀ちゃんのソロ曲。
すごく素敵な曲で、すごくステキなボーカルで、亀ちゃんの繊細さがきらきらしてて。
ソロデビューの曲とも違うボーカルで、KAT-TUN曲のボーカルとも違うボーカルで。
まだまだ違う景色を魅せてくれることに驚きだし、たくさんの個人のお仕事があってもおごらず、真面目にまっすぐに音楽に向き合うところ、ほんとにかっこいい。


今回のソロ曲、本当にどちらもとても好きー。


そして、そんな2人の横で、縦横無尽に暴れる上田くんがいるっていうバランスが良きです。 笑



そして、そんなじいまごがいるKAT-TUNがずっと続いてほしいです。

ソロのこと

本日は、KAT-TUNのライブDVDのCASTから、
上田くんソロのWorld's End.を。

こちら、なかなかに激しめな内容でして。
お子さまは泣いちゃうし、ラブリーなものが好きな女子は不快感があるのかも、みたいなソロとなってます。 笑


でもねー。
わたしはイヤなことがあるほど観たくなるし、好きなんですよ。
別に血みどろな世界が好きなわけではないし、バイオレンスなものも好きじゃない。
これはね、ぱっと見はそんなかんじがするんだけど、奥にある、生き抜くってことは綺麗事だけじゃすまないし、今の平和っていろんなことがあっての平和で、その道のりはいろいろあったわけで…、そういうものをショーとして、ちゃんと考えがある
ショーとして見せてくれていると思ってるんです。

そして、何よりも上田くんが清々しい。
みんなに好かれる世界観はわかりきってて、でもあえてこういうのをもってきてると思うのね。

なんだろう、よくも悪くもいろんなことがきれいになってる世の中、でもすぐ裏はどろどろしてたりしてて、そういう表面上のきれいさなんてぶっ飛ばして本質を見極めろ、裏側の汚さや不条理に負けるな、生き抜けって、わざと毒々しいものを見せてくれていると思ってて。

あとはね、ただひたすらに上田くんがかっこいい。
見た目のかっこよさだけじゃない、内側から発してるものがとてもかっこいい。
そして、体幹がしっかりしてる! 笑
ダンスのしなやかさ、かっこよさ。
上田くんがダンス下手なんて話はほんとなんなんだろう?って思う。

そして、表情の素晴しさよー。
いやー。キレイなお顔の方が狂気じみた顔をする美しさよ。 笑
自分をよくわかってらっしゃる。


表情、照明、ボーカル、ダンス、全てが噛み合っている最高なパフォーマンスです。


見た目にとらわれず、芯にあるものが何か?を感じさせてくれる、そんなソロをしてくれる上田くんは
賢いんだろうなぁと思うし、舞台とかパフォーマンスに対する勘がいいなぁと思う。
一瞬で自分の世界観をつくれるところ、やっぱりすごいと思う。

癒しにUNIONを

本日は、KAT-TUNのライブBlu-ray
UNIONの好きな部分について書いてみるーです。

UNIONほんと好き。
で、その中から、
HEARTBREAK CLUB
KISS KISS KISS
I LIKE IT
YOU
Polaris
のところを。


実はですね。
夜中に突然の腹痛で。 笑
自分の腹痛に起こされ、自分の腹痛に睡眠不足にされるという。 笑
え?なんか悪いことしましたっけ?わたし? 笑
これはもう癒しが必要だ!
ということで、今日は絶対にUNIONを観るんだ!と思ったわけです。 笑


さて、さて、そんな話より。 笑

UNIONですが、最初の部分が終わり、衣装替えタイムのあと。
最初に中丸くんが登場し、ミニチュアセットで演出などの説明?をしてくれます。
自分で羽をふらせたり、いろいろしてる中丸くんのかわゆさよ。 笑
小ネタ担当のユウイチさん、ほんと好き。 笑

そして、その流れから現実につながり、HEARTBREAK CLUBがスタートするのが楽しい。
こういうの好きー。
そして、しれっとKAT-TUN顔に戻るユウイチさんのかっこよさよ。 笑

2番目に亀ちゃん、3番目に上田くんが出てくるところも良き。
そして、周りの皆さんもかっこいいんだけど、特に江田さん。何もかもがミュージカル俳優のようで、ダンスとか移動とか、立ち居振舞いがすごく舞台人で、かっこいい。
この背筋のすっとしてる様よ。
江田さんが気になるわ、KAT-TUNは観たいわで、目が足りない。 笑
そんでもって、上田くんがジャンプすると骨…!って、いまだに骨折の心配する。 笑

こういうショーみたいに曲をやるのって、昔からKAT-TUNうまいんだけど、ボーカルほんとレベルアップしたなぁと。
オトナになりましたねー。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。.
しれっとユウイチさんはかっこいいし、亀ちゃんと上田くんは美人さんだし。
え?KAT-TUNには美人さん2人いますけど?
え?男子?
いや、完全に美人さんでしょ。( ^^ )

かっこいいは正義!
美しいは正義!


からの、KISS KISS KISS
急に耽美な夜。 笑
なんだろ、KAT-TUNって、黒衣装じゃなくても、存在感がエロいよね。 笑
これこそエロかっこいいでしょー。
いやー。
何回聴いても、(ฅ ฅ*)♡きゃーって気分になるわ。 笑
このへんからはフルで聴けなかったりなんだけど、ここの枠のバランスの良さで、そこらへんは気にならないな。
いい流れだと思う。


そして、I LIKE IT
感無量…。
ほんと好きなの、この曲。
ほんと好き。
お願いだから、3人でセルフカバーしてくれー。

でも、やってくれるだけでうれしいーーー!!!
しかもすごくキレイな世界観で。
照明とか、周りの皆さんのダンスとか、全てがきれいで。
3人のボーカルもすごくいい雰囲気。
黒さのカケラもない…。
はぁぁぁぁ。きれい。好き。


からのYOUで。
倒しにきてるな?! 笑
この流れ、倒しにきてるな?! 笑
と身構えたところで、最初の上田くんの
あなたを好きになっていいかな
のボーカルで撃沈です。 笑

な、なに?!
天使?
天使かな?
天使だな…。
なに、あのキュートなお顔…。
うーちゃん、ずるいわ。 笑

そんでもって、こちらも江田さんのダンスが貴公子で気になる。
宇宙さんのダンス、皆さんすごくきれいだわー。
さすがです。


そして。
Polarisで、上田くんがピアノを弾いてます。

はぁぁぁぁ。
美の結晶。

ゴツゴツトゲトゲの衣装で、ぱっと見はオラオラしてる人がピアノを弾いてるんだよ!
なんだ、なんなんだ、このかっこよさ、この美しさ…。
ちゃんと人間かな? 笑
えーっと。人間だね。 笑
大丈夫。うん。
きれいすぎて、ときどきわかんなくなるわ。 笑

うーちゃんがピアノを弾くときに、衣装のお袖を折って、手首出して弾くのがほんと好き。
ほんと好き。
(なんで2回言った? 笑)

亀ちゃんがメインボーカル、中丸くんがHBBとボーカル、上田くんがピアノという、3人だけで成立させている世界の美しさよ…。
あぁ、永遠に観てられる…。
ここにある世界は美しいよ…。
( ω-、)泣けてくる…。



やっぱりパフォーマンスしてるKAT-TUNがいい
なぁ。
音楽性が好きになって、パフォーマンスを好きになって。
しかも個々のかっこよさにうっとりしてられる。 笑
腹痛にも優しい。 笑



………やっぱり、しれっとUNION単体で発売しません? 笑

DANGER

本日の曲は、KAT-TUNのDANGERです。

とにかくかっこいい曲でしてね。
曲の展開もかっこいいし、重厚な映画音楽のような響きもあるような、とにかくKAT-TUNにしか出来ないダークさをまといつつ、熱さとか高揚感で最初から最後までいくところとか、かっこいいしかない。
そう。とにかく全編かっこいいで出来ている!

それからね、曲に負けないKAT-TUNの3人の存在感がすごいんです。
たぶんね、充電期間前の3人でさえ、この世界観が似合うかどうか微妙なんじゃないかと。
でも今の3人の存在感の濃さ、強さ、3人のKAT-TUNKAT-TUNのレベルを押し上げているところ、それらは充電期間前と比べて格段にレベルアップしているし、CASTが出た頃よりも強さが濃くなっているので、曲に負けず、さらには彩る存在になっていると思うのね。


そしてね。
今の曲には3人のボーカルだけあればいい。
何かが足りないとか誰かが残っていたらなんて微塵も思わない。
こんなにも強く、濃く、KAT-TUNらしさを、今のKAT-TUNだからな曲を提示してくれるところね、やっぱりそれが何よりも大切。

何もかも、KAT-TUNが奏でてくれる音楽を聴けば、すとんと気持ちの真ん中に、あぁこれが大事、今のKAT-TUNが大事って思える。


偶然出会えた王子様だけど、3人はずっとみんなにとっての王子様でいておくれ。 笑
宇宙の最果ての荒れ果てた惑星に放り投げられても、KAT-TUNの3人が王子様ならいいや。 笑

どんな旅路でもいいさ。
だって今のKAT-TUNが最高なKAT-TUNだもんね。
それさえあれば、いいのさー。

初めて本気で嫌いになりそうだ

田口よ。
嫌いになりたくないんだよ。
ウソつきな人間なんていっぱいいるし、言い訳して生きていきたいんだよ、楽だから、そんな人間もいっぱいいる。
そんなヤツでいいから、せめて誠実でいてくれ。
世間には誠実でいてくれ。
世間の一般的な感情というものをそろそろわかってくれ。
自分のファンへはメッセージだけでいいじゃないか。
自分が動くことに、どれだけの人間が感情をにごらせるかぐらい気がついてくれ。
いい加減わかってくれよ。
嫌いにはなりたくないんだよ。
薄氷の上にある最後の気持ちがなくなりそうだ。

わかりやすさをかなぐり捨てろ

さて、さて。
しばらくKAT-TUN曲から離れていたのですが。
KAT-TUNの黒さがほしい~で、IGNITEを聴いたらですね、なかなかにKAT-TUNらしすぎるなぁ、そりゃ好きが減らないわと思った話です。

KAT-TUN曲の、本当の一般のイメージっていうのがね、長年(笑)聴いてる身とすれば、なかなかわからなくなっているのですが。

わかりやすいとか受け入れやすいとか、そういう曲も多々あるとは思うけど。
このIGNITEは、一般のわかりやすさをなかなかにかなぐり捨ててるんじゃないか?と、他のを聴いて思ったのね。
すんなりきゅんとするのは、A MUSEUMぐらいじゃないか?って。笑

でね、それが、もう好きで好きでしょうがない。 笑

なんだろう、すんなりアルバム曲流しながら何かしてて、うん、気分いい♪ってならなくて、1曲ずつ、ん?んん??!!!って、引っ掛かる曲が並んでるんじゃないかなぁと思ってね。
しかも、一般のわかりやすさよりかは、KAT-TUNらしさ前面に!ってかんじで。

いや、もしかしたら、みんなが好きそうな曲を…で制作してるかもしれませんよ。
知りませんけど。 笑

でも、わかりやすいは…ない気がする。 笑
それがね、出来るKAT-TUNがかっこいいってことなのよ。
そんなKAT-TUN曲が並んでるアルバムがかっこいいってことなのよ。

そして、1曲ずつ違う色で、世界観で、次は何が出てくるんだろうっていう楽しさ。

あぁ。聴いても聴いても、好きが減らなくて困るわ。 笑





なんか3人になったKAT-TUNはまるくなった、もっと孤高の存在でいてほしいなんて話も聞こえてくるけど。
アルバムは、どこを切り取ってもKAT-TUNで、KAT-TUNにしか出来ない音楽で。
アイドルなのに楽しさもわかりやすさもかなぐり捨てて。 笑
いや、たまには楽しいし、何よりしゃべると楽しいですよ~。
でもIGNITEに関しては、いろいろかなぐり捨ててると思うのね。
↑ほめてますからね。

それはとても潔くて、かっこいい。
そう。KAT-TUNはかっこいいのだー。


KAT-TUNは十二分に孤高の存在です。

シングルが出ないのが低迷の証拠でもいいじゃないか。

揺れない人生なんて、おもしろくないさー。


わたしは、今年はIGNITEがあるから幸せだよ。